佐藤正明 絵画と心



 プロフィール

佐藤正明・余生風知りたい人のために少しだけ自分を語る。
私は余生風・佐藤正明。神奈川県藤沢市出身、1929年生まれ。
少年時代は自然の中で楽しく生きた。
だが、貧乏農家の3男だったから中学校には行けず、尋常高等小学校を卒業すると少年志願兵として、衣食住がただで給料も出る旧帝国海軍に入った。命と引き換えだったとは考えもせずに・・

敗戦で復員した後は5年間登記所に勤務し、かたわら藤嶺学園夜間部で学び、中学・高校を卒業した。
その間で最も忘れがたい記憶は1948年、カトリックに改宗して洗礼を受けたこと。
マタイによる福音書13章には、
「畑に宝が隠されている。
見つけた人は、そのまま隠しておき、喜びながら帰り、持ち物をすっかり売り払って、その畑を買う」とある。私もそうした。

生きる意味を確かめるため22歳で上智大学文学部哲学科に入学、1956年に卒業した。その延長として、大学を卒業するとカナダに7年間留学。
その間レデンプトール会に入会、ケベック州のエルマー大神学校で神学を学び、
司祭となり、よく学び、よく祈り、よくスケッチし、よい友を得た。専門は倫理神学。
それはわが人生で最も充実した年月だった。

帰国後は教会の司牧に従事し、日本での福音実現を夢見た。
しかし、数年後に思うところあって苦渋の選択の末、還俗した。
その後は辛酸をなめる数年が続いたが、一番惨めだったのは、3畳一間に住み、日雇い仕事で糊口をしのいだ日々。

だが、何があろうとも捨てないぞと心に決めていたのは信仰だった。
「すべてを売り払って得た宝」だったからだ。

そんな中でも結婚して家族ができた。
そして、職業では1971年から玉川学園中学部教諭として宗教・道徳教育を担当するようになり、自分の専門を生かせる転機を得た。
1979年からは玉川大学文学部講師として玉川学園礼拝センターに転任、大学生の礼拝と道徳教育の研究講座を担当した。

1980年、私にとって一つの重要な出来事があった。
西アフリカのシエラレオネから 一時帰国したシスター根岸美智子さんと出会い、同国の子どもたちの教育援助を始めたことだ。
1983年にその国際援助活動は「手を貸す運動」という名称にした。

1986年、玉川大学文学部教授。だが、その後の大学ではほとんど特記するほどのことはなかった。ただし、著作はこの時期が最も多かった。
また、社会では1963年以来約30年間ボーイスカウトに指導者として奉仕し、
教会では難民や出稼ぎ外国人のため1989年に日本語教授法教室を開設、5年間日本語教師を養成した。これには困窮時に勤めたベルリッツスクールでの経験や知識が役に立った。

1995年に玉川大学を定年退職。そして今は、「若き日の夢はどうなったか?」と思い巡らす。

手を貸す運動は全国代表として現在も続けている。
しかし、これはライフワークではない。早く不必要になってくれればいいと願う仕事だ。
私のライフワークは神の愛に賭けて生き切ること。

その他には、社会福祉法人「地の星」の理事、
丸山陶李後援会「陶李会」会長をしている。

絵は趣味。小学校で習っただけの自己流だが、自分が楽しみ人を楽しませるために描いている。

- 以下、2003年7月2日の日記より -

最初におことわりしておきたいことは、私が画家ではないことです。
だから、描いた絵を売りもせず、展示会 も開かないのです。絵はがきを作るために描いているから、絵はがき作家とは言えるかもしれませんが、絵を生業とはしていないし、それに、ちゃんとした絵の 勉強をしたことはないのです。描き方を習ったのは小学生のときだけでした。だから、美術の技術的知識はまったくの素人で、見よう見まねで水彩画を描いてき ただけ。というわけで、人さまには教えられません。それどころか、描く時はいつもここをどう描いたらいいのかと、描く度ごとに今も試行錯誤を繰り返してい るのです。

では、なぜ私は絵を描くのか?
答えは単純明瞭です。若い時、貧乏でとてもカメラなど持てなかったこと、そして絵を描くのが子供の時か ら好きだったこと、この二つに尽きます。今はそれに絵はがきで少々の収益をあげて、シエラレオネの子たちを援助する足しにしようという、やや実利的な第三 の動機が加わっていますが、そんなことで描いているのです。

70歳のとき思ったことは、うん、もう自分の生涯は余生に入った。つまり、余分の人生、余白の時間帯、いつ 死んでもおかしくない時点に達しているという自覚でした。そして、私のクリスチャンネームはヨセフ。そこで、余生風と当て字に変え、余生、つまり私にとっ ての人生第4のステップを風のように生きようとして付けた名前です。

「風は思いのままに吹く。それがどこから来てどこに行くか誰も知らない」と 聖書にもあるように、風は見えないが雲を動かし、波を立て、木々を揺らし、草原をなびかせる。それによって人は風の存在を知り、害も受ければ恩恵も受け、 それに対して反応する。風には暴風、強風、疾風、熱風、プードルリー(雪原を巻き上げる風)などがありますが、そよ風もあります。できれば私は涼を運ぶ微 風でありたい。私の絵がそのような表現であれば嬉しい。そして、「すべてに時がある。」風がぱたっと止む時は私も終わる時。70歳過ぎたらそんな生き方を したいと思っての余生風です。今では雅号も兼ねますが、このサインは私がまだ生きている証しなのです。

さて、今の気分を例えれば何の花のよう?と問われれば、「花と実」にある藤の花のようだ、と答えましょうか。「房の間を吹き抜けると、春風は雅やかな色までまとう。」と書き添えた微風のようですから。

主な著書

著書  よりよい道徳教育を求めて  玉川大学教育学科
共著  玉川学園中等部全人教育の実践  玉川大学出版部
訳書  現代文明はどこへ行くか-魔術師の弟子たち-  玉川大学出版部
著書  善い生き方の教育  玉川大学出版部
共著  道徳教育の研究  玉川大学出版部
著書  旧約聖書を生きる  柏樹社
著書  イエスが行く(Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ)  燦葉出版社
著書  この笑顔を消さないで-わたしのシエラ・レオネ-  燦葉出版社
共書  あの笑顔が甦った
  -シエラレオネで起こった愛の軌跡-
 聖母の騎士社
 
 




ページトップへ
SEO [PR] Mtg@yzM ݻď@킯菤i ^T[o[